サラリーマンゲーマーmifuiの【のんびりゲーム日記】

日々プレイしているゲームの状況をのんびりと紹介していきたいと思います

Rise of the RONIN プレイ日記#45


f:id:mifui321:20240525145711j:image

平素より大変お世話になっております。

サラリーマンゲーマーのmifuiです。

綺麗な夕日ですね。これだけ夕日が綺麗だと川原で黄昏れてみたくもなります。そんな川ですが日本には3万以上の川が流れているといわれており、最も長い川は長野県から新潟県まで流れる信濃川になります。その全長は367kmもあり、長野県では千曲川の名前で呼ばれていることでも有名です。信濃川というと会津八一によって詠まれた「ゆく春や水に雨降る信濃川」と言った俳句が有名です。ゆく春というのは春の終わりということであり、つまり梅雨時期ということになります。梅雨時期にの川の水面に落ちる雨のを見ながら思いを馳せたということですね。

画面を見ながらでも思いが馳せまくる【Rise of the RONIN】続きをプレイしていきます。

 

〜怯えるハリスと怯まない浪士〜

徳川慶喜を守り京都へと向かうことになりました。しかしすぐには出発はしないので、江戸でやり残したことを終えておきます。今回は渋沢栄一とのミッションをやっていきます。


f:id:mifui321:20240526125413j:image

万博の出店準備は順調のようです。

 

渋沢栄一は万博に浮世絵を出そうと動いていたようで、その浮世絵の原版を持っているという方との交渉をしていました。許可は取り付けたようですが、代わりに依頼したいことがあるというので渋沢栄一と共にその原版の持ち主の所へと向かいます。


f:id:mifui321:20240526125827j:image

洋風の家具が置かれています。


f:id:mifui321:20240526125852j:image

ハリス!?お久しぶりじゃないですか?

 

ハリスとは既に敵対意思は無いことを確認すると、本題の依頼の話をします。ハリスからの依頼とは我々が欲している原版を盗もうとする泥棒の退治になります。我々としても原版を奪われてしまうと困るので、どのみちこの泥棒とは戦うことになります。


f:id:mifui321:20240526130946j:image

一応、利害関係は一致していますね。今回は私が護衛に着きましょう!

 

渋沢栄一が立案したのはハリスを餌にしてその泥棒をおびき出すというものです。我々は物陰に隠れて、ハリスがピンチになるのを待ちましょう。


f:id:mifui321:20240526131159j:image

おぉ、絡まれてますねぇ。面白そうなのでもう少し見ておきましょうか?(笑)

 

ハリスを屋敷の中に逃がし、我々は泥棒をボコボコにします。あまり強くなかったので倒すのは簡単でしたが、その間屋敷の中にいたハリスが泥棒の別動隊に襲われてしまったようです。


f:id:mifui321:20240526131332j:image

原版を盗むというのは命懸けですねぇ。


f:id:mifui321:20240526131403j:image

えっ?原版が盗まれた?…まあハリスの戦闘力は0ですから。

 

窓の外から見えた泥棒を追っていきます。あまり距離が離れすぎるとゲームオーバーとなってしまうので、ある程度の距離感を保ちながら追いかけていきましょう。ちなみに目視できなくてもマーカーがあるので見失うことはありません。


f:id:mifui321:20240526131530j:image

オブジェクトに引っかかるとピンチです。


f:id:mifui321:20240526131601j:image

マーカーがあるのは便利ですね。リアルでも欲しいです。

 

泥棒を追いかけて行った先は空き地でした。そこでは追いかけてくる我々のことを待ち伏せしている泥棒たちがいます。その中の一人に良い着物を着た槍使いがおり、彼がこの泥棒たちのリーダーだそうです。


f:id:mifui321:20240526132643j:image

囲んで潰せ?


f:id:mifui321:20240526132657j:image

それは私の得意技です。壁と私の間に囲んであげますよ!

 

渋沢栄一が倒した泥棒に対して何で必要以上に原版を狙うのかを尋ねました。すると泥棒はこの素晴らしい浮世絵であれば高値で売れるからだと答えます。彼はもともと商人だったようですが、商売に失敗してしまい全て失ってしまったので、この絵を売ってやり直したかったようです。


f:id:mifui321:20240526132926j:image

目利きは確かなようですね。まともに働けばやり直せるのでは?


f:id:mifui321:20240526133131j:image

これから商業は大きく発展していきます。まだまだやり直すチャンスはありますよ!

 

これでハリスからの依頼はクリアとなります。渋沢栄一も無事に浮世絵を万博で売ることができそうです。続いて勝海舟からのミッションをやります。勝海舟は秘密裏に我々に頼みたいことがあるらしく、その内容は京都に行く徳川慶喜を守るための浪士組を作ろうとしているということです。


f:id:mifui321:20240526133707j:image

浪士組ですか、一般的に知られてる名前で言うところの新選組ですよね。

 

京都守護職松平容保は前科なども問わずに、ただただ強いものを集めていると言います。表向きは徳川慶喜を守るために力を優先しているということのようですが、その実態は怪しいものをまとめて処理しようということでしょう。そこで勝海舟はもしもの時のために我々も浪士組に入れ、内側から危機を未然に排除しようということのようです。


f:id:mifui321:20240526134015j:image

色々考えてるんですね。っていうのが普段あまり考えてない2人の感想です(笑)

 

勝海舟の考えは分かりましたが、私にもメリットがあります。それは片割れが江戸ではなく、京都にいるのではないかという推測が立てられるからです。勝海舟によると江戸には彼女がいるような痕跡はなく、可能性があるとしたら京都なのではないかとのことです。そこで私と坂本龍馬は浪士組を募集している伝通院へと向かうことになりました。


f:id:mifui321:20240526134626j:image

まだ間に合うでしょうか?

 

伝通院では清河八郎山岡鉄舟が浪士組の取締役を務めていました。我々が入隊を希望している時、中沢琴という女性も浪士組に入ろうとしていましたが、どうやらすでに募集は打ち切ってしまったようです。我々と彼女を含めた3人はギリギリ間に合いませんでした。


f:id:mifui321:20240526134921j:image

清河八郎は確か北辰一刀流の、坂本龍馬の兄弟子ですよね。


f:id:mifui321:20240526134954j:image

残念ながら私も彼女も出遅れてしまったようです。

 

なんとか入れてもらえないかと交渉をしていると山岡鉄舟がやって来ました。どうやら入隊が決まっていた面々の中でトラブルを起こしている人がいるようです。そのトラブルを解消したら浪士組に入れて欲しいという交渉を成功させた中沢琴に便乗し、我々もトラブルメーカーと勝負をすることになりました。


f:id:mifui321:20240526135719j:image

本当にボコボコにしていいんですね?

 

ではミッションスタートです。どうやらトラブルを起こしたのは数人だけではないらしく、結構多くの人数が暴れているようです。正面の入り口から入り、出会った荒くれ者は全員おとなしくさせていきましょう。


f:id:mifui321:20240526135821j:image

あんまり好き勝手やると文字通り炎上しちゃいますよ?令和の現代だと意味が変わってきますけどね。

 

荒くれ者たちを倒しながら進んでいくと、一番奥のエリアでは細身の田舎侍と大柄の田舎侍の2人が待ち構えていました。明らかに他の敵とは桁違いの強さになります。


f:id:mifui321:20240526140042j:image

他の敵とは明らかに違いますね。体力バーの長さが!

 

まずは細身の田舎侍から倒していきます。石火で壁際に追い詰めると、永遠と攻撃を弾いて気力を確保しながら、少しずつダメージを与えていきました。


f:id:mifui321:20240526140234j:image

私の壁際立身流で追い詰めました(笑)

 

細身の田舎侍を倒すと、次は大柄の田舎侍です。その見た目通りパワータイプですが、彼もまた壁際へと追い詰めていくことになりました。


f:id:mifui321:20240526140701j:image

立身流だとどうしても押してしまうんですよね。石火の特徴的に仕方ありません。

 

2人を倒すとムービーシーンが入ります。そこでは3人目の刺客となる田舎侍が現れますが、その侍によって武器が弾かれたことで、戦いは終わりを迎えることになりました。そのタイミングで松平容保清河八郎山岡鉄舟に連れられてやって来ると、田舎侍は自己紹介を始めます。


f:id:mifui321:20240526141017j:image

天然理心流の沖田総司


f:id:mifui321:20240526141033j:image

近藤勇土方歳三ですか。新撰組大集合ですね。

 

彼らとは同じ浪士組としてこれから京都入りすることになります。どうやら仲良くなれそうな方々で安心しましたね(笑)

ということで、今回はここまでになります。次回はいよいよ京都入り途中でのトラブルに巻き込まれます。

 

ではまた。


f:id:mifui321:20240526141207j:image