サラリーマンゲーマーmifuiの【のんびりゲーム日記】

日々プレイしているゲームの状況をのんびりと紹介していきたいと思います

Rise of the RONIN プレイ日記#42


f:id:mifui321:20240523070458j:image

平素より大変お世話になっております。

サラリーマンゲーマーのmifuiです。

勝海舟の屋敷には刀が飾ってありました。もちろん本当に使うことも出来る真剣なのでしょうが、現在では銃刀法により刀の所持というのは難しいと思います。しかし美術品としての刀の所持は認められており、自分の名義となっている「銃砲刀剣類登録証」というものがあれば"美術品の刀剣"の所有は可能となります。ちなみに模造刀であれば刃がついていないので上記の登録証は不要で所持も可能となります。もちろん斬れることはありませんが、造りによっては刺さってしまったりして危険ですし、斬れなくても脅しくらいには使用される恐れもありますね。まあほとんどの用途は映画やドラマなどの撮影や、コスプレなどを趣味とする人が使用をするものでしょうが、いくら模造品とはいってもリアルであればあるほど値段も上がっていきます。Amazonでも購入できるようなので、刀マニアの方はぜひ見てみてください。

真面目(真剣)にゲームの真剣を振るう【Rise of the RONIN】続きをプレイしていきます。

 

〜火事と喧嘩は江戸の華〜

勝海舟の元で日本をより強い国にしていくことにしました。武芸や医療に関しては協力者を味方にすることができたので、今回は軍事に関する協力者に会いに行ってみます。


f:id:mifui321:20240523071813j:image

軍の責任者となっているのは榎本武揚です。もちろん実在した人物になります。海軍の中将という肩書ですが、後に明治の時代では様々な大臣を歴任しました。

 

榎本武揚が率いる幕府の軍はフランスの軍との模擬戦をやっていたようですが、あまりに不甲斐ない成績からフランス軍を率いるブリュネに呆れられてしまったようです。ブリュネに見放されてしまっては日本は益々欧州から軍事力で引き離されてしまうので、ここは日本も協力をするのに値するということろを見せたいところですね。


f:id:mifui321:20240523072320j:image

私が行きますよ。ブリュネとはマブダチなんで!(笑)


f:id:mifui321:20240523072356j:image

坂本龍馬と佐那のラブラブカップルでも連れていきますか!


f:id:mifui321:20240523124648j:image

ほらお二人さん、もっと仲良くしなさいよ!(うざ絡み(笑))

 

演習場には本番さながらの施設が整っていますが、武器も本番用なので普通に戦争をしているのと大差ありません。特に厄介なのが大砲とマシンガンで、これに当たらないようにするために土嚢が積まれているという状態でした。


f:id:mifui321:20240523125400j:image

頭をちょっとだけ出して反撃します。あれ?私がプレイしているのは【Call of Duty】でしたっけ?

 

しかし私のエイムでは敵の砲台を倒す前に弾切れを起こしてしまいます。そこで銃での反撃は諦めて突撃をすることにします。


f:id:mifui321:20240523125636j:image

さっきからバンバン撃って、これ演習でしょう!?

 

これを繰り返しながらどんどん演習場の奥へと進んでいきました。すると最奥では大将としてブリュネが待ち構えています。再び襲撃を仕掛けたような形で再会をすると、間髪を入れずに刀を抜きます。


f:id:mifui321:20240523130212j:image

お久しぶりです!お元気そうでなにより。

 

さすがに部下に示しがつかないと張り切るブリュネですが、こちらとしても舐められていては日本の威厳というものに関わります。今後も良い付き合いをしたくなる程度に痛めつけておきましょう。


f:id:mifui321:20240523130358j:image

大砲なんて無くても刀があれば十分です。


f:id:mifui321:20240523130439j:image

It's SAMURAI SPIRITS!!!

 

やけにブリュネが本気でやり合ってくると思っていましたが、どうやら彼らには私のことは伝わっていなかったようです。つまり本当の襲撃者だと思われたということですね。これは勝海舟の意向だったようで、私のことは単に余興とだけ伝えられていました。


f:id:mifui321:20240523130725j:image

おい、モジャモジャ!(笑)

 

今回の戦いによって日本を見限るには惜しいと判断したブリュネは、榎本武揚の頼み通り日本に手を貸すことにしたようです。しかし今後の軍の兵士はもちろん自分達で用意をする必要があり、ブリュネからは身分を問わずに壮健な若者を集めて欲しいと言われます。


f:id:mifui321:20240523130946j:image

壮健とは丈夫で元気さかんなことを示します。つまり私のことです!

 

榎本武揚はこの場を離れられないということで、その役目は私に託されました。一応榎本武揚にもあてはあるらしく、浅草にいる新門辰五郎という人物を訪ねろと言われました。


f:id:mifui321:20240523131146j:image

果たして私以上に元気な人が見つかるでしょうかね?

 

新門辰五郎浅草寺の門の前にいました。その出で立ちから察するに、おそらく消防団として活動をしていると思われます。そんな新門辰五郎に対して幕府のために壮健な若者を紹介して欲しいとビビりながら言ってみましたが、小火続きでそれどころではないと突っぱねられてしまいます。


f:id:mifui321:20240523131540j:image

見事なまでの江戸訛り。べらんめぇ(笑)


f:id:mifui321:20240523131627j:image

味噌汁で顔を洗って出直せ?どんな言い回しですか!?

 

首を突っ込むのが得意なのでこの小火騒ぎは私が解決をすることにしました。威勢よく新門辰五郎に気風を切ると、その心意気を買ってくれたのか、放火魔を捕まえられたら話を聞いてくれるようです。


f:id:mifui321:20240523131845j:image

やはり放火魔は炎が映える夜に現れるのですね。

 

ミッション開始となりましたが、今回は島田虎之助と大久保利通を連れて来ました。新門辰五郎が暑苦しかったので、こちらも負けじと暑苦しい人選をしてみたというわけです(笑)浅草寺に入ると燃えろと呟きながら境内を駆け回っている人が目に入りました。危険そうなのでとりあえず始末をしておきます。


f:id:mifui321:20240523132117j:image

小火騒ぎの規模がデカい!

 

全部で4人の火付け犯を倒すことになりますが、その火付け犯の近くには複数の敵がいます。どの敵が火付け犯なのかは見た目ではわからないので、とりあえず全員倒してしまいましょう。


f:id:mifui321:20240523132256j:image

怪しいは罰せよです。こんな治安の悪い場所に居るということは、つまりそういうことですから。

 

中には建物の上に登っているような敵もおり、広い浅草寺を駆け回らなくてはなりません。なんとか敵を倒し終えると、新門辰五郎と約束をした場所に向かって報告をします。


f:id:mifui321:20240523132618j:image

どこに放火しとんねん!


f:id:mifui321:20240523132632j:image

ここにも風神と雷神がいましたか…。

 

放火犯を排除したという報告を聞いた新門辰五郎ですが、最後に立ち塞がったのはなんと彼本人でした。しかしそれは放火犯の親玉が彼だったという訳ではなく、単に私の立ち回りを見て江戸っ子として火がついてしまったようです。


f:id:mifui321:20240523132855j:image

火消しなのに火が点くとは、なんという皮肉!(笑)

 

新門辰五郎は見た目通りのパワータイプですが、パワーを受け流すのは抜刀術の得意技になります。ことごとく石火を決めていくと、風神雷神と共に新門辰五郎を叩き伏せました。私に負けた新門辰五郎ですが、ワイルドな彼は全く負けたことを気にしていませんでした。むしろ見事だと私を讃えてきます。


f:id:mifui321:20240523205113j:image

大振りなので攻撃が見切りやすいです。


f:id:mifui321:20240523205153j:image

負けた人間のテンションじゃないですよ!

 

これで私の力を認めてくれた新門辰五郎は、壮健な若者を集めるのに協力をしてくれるようです。遅れてやって来た榎本武揚にもそのことを宣言し、彼らとは因縁を結ぶことができました。


f:id:mifui321:20240523210134j:image

つまり彼も実在した人物ということです。新門辰五郎の娘は徳川慶喜の側室だった芳だそうですよ。

 

ということで、今回はここまでになります。次回は薩摩の方々が登場です。

 

ではまた。


f:id:mifui321:20240523210530j:image