サラリーマンゲーマーmifuiの【のんびりゲーム日記】

日々プレイしているゲームの状況をのんびりと紹介していきたいと思います

Rise of the RONIN プレイ日記#15


f:id:mifui321:20240426070715j:image

平素より大変お世話になっております。

サラリーマンゲーマーのmifuiです。

街で使っている長屋の前にモフモフの強者が現れました(笑)こんぴら狗と呼ばれているようですが、立派な体躯の日本犬になります。ちなみに日本犬と呼ばれるのは一般的に6種類となっており、柴犬・紀州犬四国犬北海道犬・秋田犬・甲斐犬になります。しかし日本犬保存会という団体によって定められ、国の天然記念物でもあるこれら6種※の他にも、琉球犬や三河犬など地犬と呼ばれる日本犬も多く居るようですね。これほど多くの犬種が居るということは、古くから日本人の良きパートナーとして頼もしい相棒だったという証拠だと思います。

モフモフの相棒に癒されながら【Rise of the RONIN】続きをプレイしていきます。

※上記6種に加えて1934年に越の犬が国の天然記念物に指定されましたが、1971年に純血種が途絶えています。

 

〜権蔵、権蔵、雨、権蔵(権藤?)〜

攘夷志士である桂小五郎から依頼された書状を入手するために、保土ヶ谷にいる水戸藩の元を目指す珍道中が始まりました。その道中で様々なことに首を突っ込んでいますが、今回も悪いやつらの噂を聞きつけたので立ち寄っていきます。


f:id:mifui321:20240426125237j:image

悪い奴は何処にでも居るもんです。

 

現地に到着するとそこには額にバツ印が書かれた人が居ました。その人に声をかけられましたが、どうやら悪い人を懲らしめてくれる人を探しているようです。


f:id:mifui321:20240426130606j:image

喧嘩屋の斡旋みたいですね。その額の印はなんですか?

 

悪い奴を懲らしめてお金を稼げると言いますが、世の中そんなに虫が良い話がある理由はありません。一応言われた通りにその場所に向かいますが、そこには見慣れた小悪党の姿がありました。


f:id:mifui321:20240426130814j:image

横浜への通行手形を囲っていた権蔵!

 

権蔵は私の姿を見ると、バツ印の男が逆恨みをしているだけで悪さはしていないと言い出しました。確かに権蔵は一度懲らしめていますし、せっかく生かしたので今度は彼の言い分を聞いてバツ印の男の本性を確かめてみることにします。


f:id:mifui321:20240426131055j:image

今回は権蔵が言っていることが正しかったかもしれません。


f:id:mifui321:20240426131126j:image

権蔵と彼らなら揉め事が起こるのも致し方ないでしょう。喧嘩は知能が親しい人にしか発生しませんから。

 

これで揉め事は一件落着ですが、なんだか権蔵とはまた会いそうな予感がします。その証拠に彼とは因縁を結ぶことになりました。


f:id:mifui321:20240426131541j:image

ネタ枠ですねぇ(笑)

 

では次のミッションに向かいます。次は「黒い宝石」というミッションになりますが、そこでは衣服を奪われた異人が震えていました。近くのゴロツキに身包みを剥がされてしまったらしく、持ち物を取り返してくれば報酬を貰えるようです。


f:id:mifui321:20240426201744j:image

イイ身体をしていますね!あなたが戦った方が良いのでは?

 

ゴロツキは近くの炭鉱にいるようです。そもそもその炭鉱はこの異人の持ち物だったようで、ゴロツキはそれを独占しようとしています。ゴロツキを始末するのと同時に石炭も回収していきましょう。


f:id:mifui321:20240426203912j:image

炭鉱は火気厳禁では?危ないですねぇ。

 

ゴロツキ自体はそこまで強くはありません。あっさりと殲滅すると炭鉱の奥にあった異人の衣服を回収します。財布の中身は取られてしまったようですが、いつかお返しをしたいという異人「マーカス・サミュエル」は横浜貴賓館に立ち寄って欲しいといいます。


f:id:mifui321:20240426204512j:image

ん?マーカス・サミュエル?…シェル石油の創設者!?

 

これは、助けて良かったですね。私も億万長者まっしぐらです(笑)

ということで、今回はここまでになります。次回は桂小五郎と合流します。

 

ではまた。


f:id:mifui321:20240426204912j:image