サラリーマンゲーマーmifuiの【のんびりゲーム日記】

日々プレイしているゲームの状況をのんびりと紹介していきたいと思います

アサシンクリード オリジンズ プレイ日記#76


f:id:mifui321:20200909205837j:image

どうも、こんにちは。

サラリーマンゲーマーのmifuiです。

"なんとかは死んでも直らない"とは良く言ったものですが、性格もあまり変わりそうにありませんね(笑)

最後の最後まで悪役に徹するボスの言い分を聞きながら【アサシンクリード オリジンズ】続きをプレイしていきます。

 

~息子の旅立ち~

愛する息子の復讐相手であるフラウィウスを見事に撃ち取ったバエクは、いつものように精神世界で対面します。


f:id:mifui321:20200909210343j:image

ほう、ケムを殺したことを後悔していないと。それが原因でここに来たということをわかっていないようですね。

 

 

いっさいの反省を見せないフラウィウスの姿に、さすがのバエクも怒りのあまり掴みかかります。


f:id:mifui321:20200909210612j:image

死してなお争い続けるとは!

 

 

しかしそんなバエクも過失は自分にもあったと崩れ落ちてしまいます。そもそも既にフラウィウスは自らの手で殺しているので、ここで何を言っても虚しいだけです。


f:id:mifui321:20200909210752j:image

情緒不安定ですね(笑)

 

 

そんな情緒が少しおかしくなってしまったバエクの元に現れたのは、他でもない愛する息子のケムでした。


f:id:mifui321:20200909211435j:image

すいませんねぇ、まともな大人がひとりもいなくって(笑)

 

 

ケムはとうとう天国に旅立つようです(逆にいままではどこにいたのでしょう?(笑))バエクに別れを告げると、フラウィウスには目もくれずにこの場から立ち去ります。


f:id:mifui321:20200909211645j:image

ここまで頑張ってきたバエクに最後のご挨拶をしに来たんでしょうね。

 

 

ケムとの別れを終えると現実世界に戻ってきます。


f:id:mifui321:20200909212001j:image

マズイ、見付かった!(笑)

 

 

とりあえずこの場から避難します。そして敵の追跡を撒くと、クエストログは「アレクサンドリアでアヤと会話」となります。


f:id:mifui321:20200909212136j:image

「倒したよ!」というご報告をしなければいけませんからね。

 

 

歩いて行くには少し遠いので、ファストトラベルを使ってアレクサンドリアに行きましょう。


f:id:mifui321:20200910124313j:image

のんびり旅をするのも良いですが、今はストーリーの展開が気になります。

 

 

アヤはアレクサンドリアで初めて再開した時の隠れ家にいました。まずはフラウィウスを無事に倒した報告をします。


f:id:mifui321:20200910124840j:image

そして息子も無事に成仏しました!

 

 

それを聞いたアヤは、安心すると同時に自らの身の振り方をバエクに説明します。彼女はやはりローマへ旅立つことを諦めていなかったようで、それに先駆けて仲間を集めていました。


f:id:mifui321:20200910125433j:image

少数精鋭ですか?

 

 

アヤとバエクは場所を移して話の続きをします。共に息子の復讐という目的は達成しましたが、その過程で今後の道筋は互いに少しずつズレてきてしまったようです。


f:id:mifui321:20200910155318j:image

夫婦も他人ですからね。それぞれの考え方があるのは当然です。

 

 

2人は共に"隠れし者"として生きていきます。例えそれが別々の道となっても。バエクも既にメジャイではなく、ただのバエクとして生きていく覚悟を決めていました。


f:id:mifui321:20200910155629j:image

もう人殺しは懲り懲りということでしょうか?

 

 

そしてバエクはこの場を後にします。姿を消したバエクに代わり、彼の手から滑り落ちたケムの玩具をアヤが拾い上げると、砂浜にはアサシン教団のエンブレムが刻まれていました。


f:id:mifui321:20200910155913j:image

そうです。これはアサシン教団創設の起源となるお話です。

 

 

ということで今回はここまでになります。次回は一旦シンクロが解けたレイラの話です。

 

ではまた。


f:id:mifui321:20200910204318j:image